ダイエットはしたいけど、食べたいものを我慢するのは嫌だしストレスが溜まって、かえってその後ドカ食いしてしまって結局リバウンド・・・そんの感じの日々でした。特に甘いものが大好きでなかなかやめられず、食事制限系のダイエットは無理かなとあきらめていました。

とはいえ、運動だけではなかなか結果につながらないし、やはり食べ物でもある程度工夫しないと痩せられないと思い、あれこれと試してみたところ、甘いものやカロリーの高いものはなるべく午前中に食べれば太りにくい!ということを発見しました!

甘いものはもちろんですが、スナック菓子などからスタートして結果が出てきて気持ちが乗ってきたところで、ラーメンやカレーなどのカロリーが高い食べ物も夕飯ではなくお昼ご飯にとるようにしましたところ、一気に体重が減りが加速しました。

夕飯に食べるとどんなに早めの時間に食べてもカロリーを消費しきれずにお腹に残ったまま寝てしまうことになりやすいですが、お昼ご飯に食べることでその後の活動でエネルギーとして消費しやすく、またお昼にたくさん食べたので夕飯はあまり食べ過ぎないといった相乗効果があったのかと思います。

フルーツも結構糖分が多いと聞いてからは、夕飯の後のデザートに食べるのはやめて、午後3時のおやつくらいまでにとるようにしています。これなら食べたいものを無理に我慢せずに体にも心にも健康的にダイエットが続けられます。

歩く姿勢に気をつけるだけ!

食べたいものを我慢するダイエットも、運動を続けるダイエットもほとんど続かない自分でしたが、この方法で気になる部分のサイズダウンに成功しました!それは「立ち姿勢と歩き姿勢を気を付けるだけダイエット」です。

もともとO脚が悩みで姿勢をよくしたいと思って始めたのですが、O脚が治るだけでなく、まさかウエストや太もものサイズダウンやヒップアップにまで効果があるとは思ってもみませんでした。気を付けるのは基本的に下半身です。まず立つときの姿勢は、かかとを軽くつけて、両ひざのうちがわをくつけるイメージで力を入れます。

その後お尻の穴をきゅっと締めるようにすると自然と下腹に力が入って少しへっこみます。日常生活の中で立つ時にはなるべくその状態を心がけて、さらにそのままキープすることが大事らしいのですが、なかなかきついので、まずはトライする場面を決めます。例えば洗面台の前にいるとき(歯磨きや髪のセットなど)と台所で洗い物をするときにはこの姿勢を意識する、などです。

立ち姿勢だけでなく歩く時の姿勢もダイエット効果が高いです。歩くときには後ろにけるときのひざの後ろをグッと伸ばすことをイメージしながらなるべく大股で歩きます。下腹にも力を入れながらだとさらに効果UPです。この立ち姿勢と歩き姿勢を気をつけ始めて、約1か月でO脚が改善してきたのには驚きましたし、なんとウエストも4㎝ダウン、太ももも1,5㎝もダウンしました。程よく筋肉も使うので体全体のアンチエイジングになっています。